iso取得を目標とし従業員を教育する企業はたくさんある

サイトマップ

シルエット

iso取得とその後

iso(国際標準化機構)の取得によって得られるメリットは大きく、様々な企業が数種類のisoを取得して国際間のコミュニケーションを活発化させる働きが注目されています。取得を目指す組織では取得後の動向も重要になり、審査から取得、そして取得後に行いたいこともたくさんあるのです。
isoを上手く運用するためには、それぞれの組織で目標を決める長いスパンのプロジェクトとして捉えることが大切です。作業の無駄をとことん排除したり人員を削減することが、必ずしもよりよい運用方法とは言えず、isoを取得したから安心ではないのです。コスト関係の見直しや人材育成の有効性をよく考えなければ、取得したことによって企業全体の士気が下がる恐れもあります。実は取得後の方が大切で、目先の利益だけを追求する短期的なやり方はisoとは合わないのです。
誰でも分かりやすいマニュアル化やiso取得に適しているかの内部監査の実施、さらにはデータを収集して改善点を見つけることも必要になります。isoに対応できるようなシステムや組織を作り直すことで、それぞれの企業が取得後でも信頼や人材育成、生産スピードを改善していくことができると思うのです。

LATEST INFORMATION

iso取得とその後

iso(国際標準化機構)の取得によって得られるメリットは大きく、様々な企業が数種類のisoを取得して国際間のコミュニケーションを活発化させる働きが注目されています。取得を目指す組織では取得後の動向も重要になり、審査から取得、そして取得後に行いたいこともたくさんあるのです。isoを上手く運用するためには、それぞれの組織で目標を決める長いスパンのプロジェクトとして捉えることが大切です。作業の無駄をとことん排除したり人員を削減することが、必ずしもよりよい運用方法とは言えず、isoを取得したから安心ではないのです。コスト関係の見直しや人材育成の有効性をよく考えなければ、取得したことによっ…

iso取得の流れとそのメリット

isoは非政府機関でInternationalOrganizationforStandardizationの略称です。同機関は国際的に通用する規格を制定が活動内容の1つであり、isoが制定した規格をiso規格といいます。多く日本人にとって会社案内や企業の看板で見かけて、なじみのあるiso規格はISO14001とISO9001かと思います。iso14001は環境マネジメントシステムに関する国際規格です。この規格を取得するには審査登録機関から認定をしてもらう必要があります。流れとしては、会社内で事務局の編成後、環境面での影響評価や環境法規則にのっとっているかをチェックします。…

企業に欠かせないiso取得

国際的な仕組みを統一することで多くの利益をもたらすiso。ルールを明確にして明文化することによって、様々なことを改善できる仕組みとして導入する機関が増加しています。isoを取得することは専門機関の審査が必要で、事前に準備も大切となります。それではiso取得の流れは一体どのようなものなのでしょうか。まず機関が目標を定めてisoを取得すると全社員に宣言する必要があります。宣言したら取得に向けての組織を構築し、社内研修などでisoに関する知識を身に付ける教育も重要です。なぜ取得を目指すのかを全社員に分からせると同時に、業務内容を見直していきます。部署間の意思疎通や既存マニュアル…

iso取得に向けた支援

isoという言葉を聞いたことがあると思いますが、国内限らず国際基準でルールを決める規定のようなもので、取得をする組織や企業は一定基準による管理システムを保有していると評価にも繋がるのです。世間で私たちが知る企業やモノの多くがisoを取得していることも、isoによって得られる利点がたくさん存在することが分かるでしょう。取得を目指す組織が多い中で、isoは第三者組織による審査が行われます。組織の意思疎通も重要で人材教育や部署による意思統一も欠かすことはできません。一見取得するこよが大変に見えますが、最近ではisoに精通するコンサルタントの支援により所得を目指す組織が増えているのです。…

ARTICLE LIST